Janet Zohar ジャネット・ゾーハは、エネルギーと才能をふんだんに作品に注ぎ込むアーティストです。彼女の物語は、音楽の世界の頂点へと向けた、アクションに満ちた創造的な冒険だと言う事ができるでしょう。ジャネットの作品はあなたを包みこみ、心を掴んで離しません。彼女が掲げるゴールはシンプル。「私の音楽の中に、各個人の物語を見出してもらう事」だと語られています。とはいえ、ジャネットの全ての作品を形作るのは、彼女自身の物語 ― 自己実現という音楽の旅 ― です。

ジャネットの子供時代はスポーツ一色でした。高みを目指すことを止めないスイマーでありダンサーだったのです。とはいえ、10代前半に、映画や音楽への抑えることのできない思いが彼女を夢へと突き動かします。幅広いジャンルの数々のアーティストから影響を受けたジャネットは、歌手を志し始めました。15才の頃には、内なる声に従って、ダンスシューズに別れを告げます。その転換期について彼女は「自分の人生をステージと結びつけ、エンターテイメントを人生そのものにしたいのだと気付いた。」と語っています。

ジャネットはなんと人生初のボーカルとしてのオーディションで成功を勝ち取りました。まだ10代の時の話です。この早い段階での成功体験が彼女の向上心にさらなる火をつけました。ジャネットはボーカルレッスンと大学での音楽の勉強を開始します。その中で、彼女は、合唱の指揮者に必要な素質や、音楽のまとめ方、そして作曲能力を磨いたのです。アスリート時代に培った練習への執着心、精神の強さ、飽くなき向上心が彼女を高みへと押し上げました。

今のジャネットは、ダンスの稽古やスイミングの大会に参加していた頃の彼女とは違う分野で生きています。しかし、過去に養った“努力をする心”は今も輝き続けています。鍛錬、練習、そして情熱。これがかつてのダンサーをクリエイティブな旅へと駆り出しているのです。音楽に合わせて踊る代わりに、今の彼女は、ダンスや熱狂を呼び起こす音楽を世に送り出しています。